結婚式の前撮りはいつがおすすめ?季節別の特徴と決めておくべきことを紹介

大阪でレストランウェディングの結婚式場ならmitte(ミッテ)TOP > コラム > 結婚式の前撮りはいつがおすすめ?季節別の特徴と決めておくべきことを紹介

結婚式の前撮りはいつがおすすめ?季節別の特徴と決めておくべきことを紹介

2021年05月15日

結婚式の前撮りは一生残すものですので、撮影時期やロケーションを慎重に選びたい方が多いのではないでしょうか。前撮りの時期にルールはありませんが、季節や気温、場所、衣装などを慎重に決めることが大切です。ここでは、結婚式の前撮りのタイミングや季節別の特徴、その他に決めておくべきことをご紹介します。

PICK UP

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

「とことん自由に!」をコンセプトに、お好みに合わせたレストランウェディングを挙げることができます。ブライダルフェアは嬉しい特典や試食が付いていて無料でご参加いただけます。

結婚式の前撮りのタイミング

結婚式の前撮りのベストなタイミングは、結婚式の約3ヶ月前です。前撮りの写真をウェルカムボードやギフト、ムービーなどに使用する場合は、現像にかかる時間も踏まえて前撮りの時期を決める必要があります。

数枚の現像にかかる時間は1週間程度ですが、前撮りでは非常に多くの枚数を撮影することが一般的ですので、2週間~1ヶ月程度は見ておきましょう。そして、前撮りの写真をウェルカムボードやムービーなどに使うことを想定すると、余裕をもって結婚式の3ヶ月前頃に前撮りをした方がよいと言えるのです。

結婚式の前撮りする季節とその特徴

結婚式の前撮りは、春夏秋冬いつでもOKですが、夏と冬の撮影にはいくつかの注意点があります。前撮りにおける季節ごとの特徴を詳しくみていきましょう。

春は満開の桜の下で撮影できる、青葉が生い茂る芝生の上で明るい雰囲気の写真を撮影できるなど、さまざまなメリットがあります。さらに、寒すぎず暑すぎない丁度よい気温の中で快適に撮影できるのもメリットでしょう。ただし、春は前撮りに適した季節として人気なため、予約が早く埋まりやすいことに注意が必要です。

夏は、ひまわり畑や牧場などのロケーションで撮影すると、夏らしい雰囲気が出るでしょう。ただし、夏の前撮りは基本的におすすめできません。気温が高いと多量に汗をかいてメイクが崩れます。また、タキシードやウェディングなど慣れない衣装で長く過ごすのは難しいでしょう。さらに、結婚式前に日焼けしてしまい、公開する恐れもあります。

秋は、紅葉が生える写真を撮影できる季節です。紅葉は和装との相性が良いですが、もちろん洋装にもマッチします。気温は暑すぎず寒すぎず過ごしやすいため、化粧崩れや日焼けなどの心配もないでしょう。

冬は、空気が澄み切っていることで、コントラストがはっきりとした印象深い写真を撮影できます。また、雪が降っていると、純白のウェディングドレスと相まってドラマチックな雰囲気の写真になりますよ。一方で、気温が低いことによって笑顔を作るのが難しかったり、肌が乾燥して不健康に見えたりする問題もあります。

前撮りの時期以外に決めておくべきこと

前撮りの時期を決める際には、一緒に次のようなことも決めましょう。

撮影場所

前撮りの撮影場所は、スタジオか野外の2つです。スタジオで撮影する場合、自然あふれるロケーションで自由度が高い撮影ができません。無地の背景にかしこまったポーズで撮影することになる場合もあります。このように、自由度の高さを求める人にはスタジオでの前撮りはおすすめできません。

その一方で、夜になる前に撮影を終わらせようと焦ったり、天候の都合で撮影が中止になったりする心配がない、野外での撮影のように出張料がかからないため、リーズナブルな費用で前撮りできるといったメリットもあります。

野外での撮影は、季節感のある写真を撮れることがメリットです。公園や花畑、牧場、ビーチ、有名スポットなど撮影場所を自由に選べるため、前撮りが思い出に残りやすいでしょう。その一方で、撮影場所までの移動時間や交通費がかかったり、天候の都合で撮影が中止になったりするというデメリットもあります。また、周囲の人の目が気になり、予定していたロケーション、ポーズで撮影できなくなる場合もあるでしょう。

スタジオと野外のどちらで撮影するか、十分に話し合って決めることが大切です。

衣装

前撮りの写真はウェディングドレスとタキシードが一般的ですが、結婚式当日とは雰囲気を変えて、色打掛や白無垢を選んでもよいでしょう。特に、仏閣や神社などで撮影するのであれば、洋装よりも和装の方がマッチします。

衣装は、気温に合わせて選ぶことも大切です。特に、春と秋は時期によっては肌寒く、撮影に集中できない場合があります。タキシードやウェディングドレスの厚みを変えるのではなく、温かいインナーを着るとよいでしょう。

まとめ

結婚式の前撮りの時期に厳密なルールはありませんが、過ごしやすい気温の春か秋がおすすめです。スタジオであれば、天候や季節に関係なく快適な環境で前撮りできます。ただし、自由なロケーションでは撮影できないことに注意が必要です。前撮りは、季節や場所それぞれにメリットとデメリットがあるため、夫婦で話し合って慎重に選びましょう。

PICK UP

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

「とことん自由に!」をコンセプトに、お好みに合わせたレストランウェディングを挙げることができます。ブライダルフェアは嬉しい特典や試食が付いていて無料でご参加いただけます。

関連記事

RECOMMEND

おすすめのブライダルフェア