結婚式の準備中に妊娠したときにするべきことは?当日の注意点も解説

大阪でレストランウェディングの結婚式場ならmitte(ミッテ)TOP > コラム > 結婚式の準備中に妊娠したときにするべきことは?当日の注意点も解説

結婚式の準備中に妊娠したときにするべきことは?当日の注意点も解説

2021年03月30日

結婚式の準備中に妊娠したときは、結婚式を中止すべきかどうか悩む方が多いのではないでしょうか。妊娠中でも、時期によっては問題なく結婚式を行えることが多いため、即中止を選ぶ必要はありません。ただし、結婚式をキャンセルした方がよいケースもあるため、必ず確認しておきましょう。ここでは、結婚式の準備中に妊娠したときにするべきことや当日の注意点について詳しくご紹介します。

PICK UP

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

「とことん自由に!」をコンセプトに、お好みに合わせたレストランウェディングを挙げることができます。ブライダルフェアは嬉しい特典や試食が付いていて無料でご参加いただけます。

準備中に妊娠した場合の結婚式は日取りを変更すべき?

結婚式の準備中に妊娠した場合は、妊娠周期と現時点で確定している日取りを比べて、キャンセルすべきかどうか判断しましょう。妊娠周期は、最後の生理が始まった日を妊娠0週0日とカウントします。

結婚式を行うのに最も適した時期は、妊娠16~23週の安定期です。安定期を過ぎると結婚式を行うには不安が残るため、キャンセルも検討した方がよいでしょう。特に、妊娠36週からは臨月といい、いつ生まれてもおかしくない状態です。出産予定日まで日があっても、2~3週間早く生まれてくるケースは少なくありません。

無理に結婚式を行う場合、結婚式の直前あるいは結婚式の当日に破水して病院に急行することになる可能性もあります。そうなれば結果的にゲストに迷惑がかかるため、無理に結婚式を行うことはおすすめできません。

また、安定期に入っていても、身体や赤ちゃんの状態によっては結婚式を行えない場合があります。最終的な判断は主治医にゆだねてくださいね。

妊娠した場合に必要な結婚式の準備

結婚式の準備中に妊娠した場合は、すぐに次のような変更を申し入れましょう。

衣装を変更する

妊娠が進むにつれてお腹が大きくなるため、結婚式の当日はマタニティに対応したウェディングドレスを着る必要があります。あらかじめ選んでいたウェディングドレスのデザインが気に入っている場合は、大きめサイズのものに変更してもらいましょう。

なお、和装の場合はウェディングドレスとは違い、ある程度自由にサイズを調整できます。そのため、あらかじめ選んでいた和装のまま、変更する必要はありません。

料理を変更する

妊娠中はアルコールを飲めないため、お酒の代わりの飲み物を用意する必要があります。また、つわりの時期に結婚式をする場合は、ニオイが強い料理を避けた方がよいでしょう。式場によっては、つわりの新婦のために専用の料理を用意してくれます。

負担が少ないプログラムに変更する

花嫁の負担が大きいプログラムは変更が必要です。安定期でも、座ったり立ったりしている時間が長いとお腹が張ってしまいます。また、真夏や真冬に外で何らかの演出をすることも負担になるため、変更した方がよいでしょう。

まずは、会場担当者に相談して、負担が少ないプログラムを一緒に考えてみてください。

妊娠中における結婚式当日の準備

妊娠中の結婚式に適したプログラム、料理、衣装に変更しても、当日にトラブルが起こらないとは限りません。トラブルに対応できるように、次のように準備をしましょう。

気分が悪くなったときの対応を決めておく

結婚式の途中で気分が悪くなったときの対応を決めておきましょう。気分が悪くなったら、たとえ挨拶をしているときでも控室で休むなど、明確な基準を決めておくことが大切です。そうすれば、新婦としても無理をして最後までやり切ろうとせずに済みます。

結婚式の中止の基準を決めておく

新婦の体調が著しく悪くなった場合は、結婚式の中止もやむを得ません。しかし、結婚式は何としてでも最後までやり遂げたいと思い、無理をしてしまう場合が多いでしょう。そのため、結婚式を中止する明確な基準を決めておくことが大切です。

例えば、つわりがひどくて頻繁に嘔吐する、めまいがする、椅子に座っていられないほどにつらいといった基準が挙げられます。妊娠中はストレスが溜まりやすく、結婚式前は体調を崩しがちです。

決して無理をせず、あらかじめ決めておいた基準に則って、結婚式を続けるかどうか判断しましょう。

絶対に無理をしない

妊娠中に結婚式をするのであれば、絶対に無理をしないことを新郎やゲストに約束しましょう。新郎やゲストとしても、新婦に無理をさせてまで結婚式をしたい、してほしいとは思っていません。もし、無理をして体調を崩してしまえば、新郎やゲストを心配させてしまいます。

妊娠中に結婚式を行う以上は、絶対に無理をしないことを約束して、それを必ず守りましょう。

まとめ

結婚式の準備中に妊娠した場合は、結婚式の日取りの変更を検討しましょう。衣装や料理、プログラムなどを変更するとともに、結婚式を中止する基準を明確に決めておくことが大切です。大阪の本町にある「Mitte」では、妊娠中の新婦様に合った料理の提供も行えます。結婚式の準備中に妊娠したため、料理のことで不安があるという方もお気軽にご相談ください。

PICK UP

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

「とことん自由に!」をコンセプトに、お好みに合わせたレストランウェディングを挙げることができます。ブライダルフェアは嬉しい特典や試食が付いていて無料でご参加いただけます。

関連記事

RECOMMEND

おすすめのブライダルフェア