レストランウェディングの「会費制」と「ご祝儀制」の違いは?引き出物についても解説

大阪でレストランウェディングの結婚式場ならmitte(ミッテ)TOP > コラム > レストランウェディングの「会費制」と「ご祝儀制」の違いは?引き出物についても解説

レストランウェディングの「会費制」と「ご祝儀制」の違いは?引き出物についても解説

2020年12月20日

レストランウェディングには、式場やホテルでの結婚式と同じく「会費制」と「ご祝儀制」があります。開催側としては、それぞれの特徴を踏まえて、適切に選びたいところです。ご祝儀制の場合は引き出物を渡すことが一般的なため、こちらもあわせて確認しておきましょう。ここでは、レストランウェディングにおける会費制とご祝儀制の違いについて詳しくご紹介します。

PICK UP

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

「とことん自由に!」をコンセプトに、お好みに合わせたレストランウェディングを挙げることができます。ブライダルフェアは嬉しい特典や試食が付いていて無料でご参加いただけます。

レストランウェディングの会費制とご祝儀制の違い

レストランウェディングとは、レストランで行う披露宴や結婚式のことです。式場やホテルでのウェディングとの違いは、開催場所のみのため、従来通りに会費制とご祝儀制に分かれています。それでは、レストランウェディングにおける会費制とご祝儀制の違いについて詳しくみていきましょう。

会費制とは

レストランウェディングにおける会費制は、ゲストがお金を持ち寄ってお祝いするといった意味合いが込められています。会費はご祝儀よりも安く設定されていることが多いため、経済的な理由でご祝儀を渡すことが難しい人も参加しやすいでしょう。

ご祝儀制とは

ご祝儀制は、会費ではなくご祝儀でお祝いの気持ちを示す方式です。友人や知人は3万円、会社の上司は5万円など、ある程度の相場があります。ただし、ご祝儀はお祝いの気持ちを示すものですので、厳密なルールはありません。

しかしながら、最低1万円~と、会費制よりも高いご祝儀を渡すことが一般的です。

会費制のレストランウェディングでご祝儀は必要?

ご祝儀はお祝いの気持ちを示すもののため、会費制のレストランウェディングでも渡す必要があると思っている方が少なくありません。会費制ウェディングでは、ご祝儀は渡さないことが一般的です。

そもそも、新郎新婦はゲストの金銭的な負担を減らしたいとの思いから会費制にしているケースもあるため、ご祝儀は渡さない方がよいとも言えます。ただし、身内や親しい間柄であれば、ご祝儀を渡してもよいでしょう。

当日に他のゲストの前でご祝儀を渡すと、ご祝儀を渡した方がよかったのではないかと不安にさせる恐れがあるため、後日に郵送するのがおすすめです。

また、会費制ウェディングでご祝儀を渡すと、新郎新婦に気をつかわせる恐れもあるため、基本的にはご祝儀は不要と考えておいてください。

レストランウェディングのご祝儀の相場

レストランウェディングの場合、式場やホテルと比べて利用料が低いからご祝儀も安くして良いと思う方もいるのではないでしょうか。中には、有名レストランや設備が十分に整ったレストランで、式場やホテルよりも費用をかけて結婚式を行う場合もあります。

そもそも、ご祝儀はお祝いの気持ちを示すものなので、会場や食事のクオリティ、設備などで左右されるべきではありません。

ご祝儀の相場は、友人や同僚が3~5万円、職場の上司が5~7万円、親族は3~10万円です。

レストランウェディングでのご祝儀や会費の渡し方

レストランウェディングでは、ご祝儀や会費をどのように渡せばいいのか、詳しくみていきましょう。

ご祝儀の渡し方

ご祝儀は、結び切りのご祝儀袋に新札を入れ、中袋に名前と住所、金額を記入します。ご祝儀は袱紗(ふくさ)に包み、受付の前で取り出して袱紗の上に乗せて渡しましょう。そのときにお祝いの言葉を述べることがマナーです。また、ご祝儀を渡した後は芳名帳に名前と住所を入力します。

会費の渡し方

会費は、財布から現金を出して受付にそのまま渡しましょう。会費はご祝儀とは異なり、金額が決まっています。そのため、受付の人が会費の金額に間違いがないか確認するのです。もし、ご祝儀袋に入れて渡すと、袋から出して金額の確認が必要になるため、受付の人の手間が増えてします。

会費は財布から現金を出してそのまま渡すことがマナーです。なお、ご祝儀と同じく新札を渡した方が受付の人には好印象を与えられるでしょう。

レストランウェディングでのご祝儀へのお返しの方法

レストランウェディングでも、式場やホテルでのウェディングと同じく、ご祝儀へのお返しが必要です。そのまま現金で返すのではなく、引き出物でお返しをしましょう。ご祝儀の額がゲストによって異なることを踏まえ、引き出物はゲストごとに用意します。

また、引き出物に対してご祝儀の額が非常に高い場合には、後日に内祝いとして品物を送りましょう。

まとめ

レストランウェディングの会費制とご祝儀制は、新郎新婦の考え方やゲストの経済的事情などを踏まえて選ぶことが大切です。大阪のレストラン「mitte」では、会費制とご祝儀制の両方に対応しております。シェフのこだわりの料理、式場やホテルに劣らない充実した設備などで、レストランウェディングの理想を叶えるお手伝いをいたしますので、ぜひご相談ください。

PICK UP

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

レストランウェディングの結婚式場【mitte(ミッテ)本町】

「とことん自由に!」をコンセプトに、お好みに合わせたレストランウェディングを挙げることができます。ブライダルフェアは嬉しい特典や試食が付いていて無料でご参加いただけます。

関連記事

RECOMMEND

おすすめのブライダルフェア